抜け毛予防方法

男性の半数以上は何かしら髪の毛の悩みを抱えています。さらに日本人男性の3人に1人は薄毛という現実があります。

自分は剛毛で多毛だから大丈夫と思っていても、以外にそう言う人ほど薄毛になりやすく、「昔は剛毛で多かったんだよね~」っていう人多いです。

自分は大丈夫といっても3人に1人の割合ですから、大丈夫という保証はありません。
特に生活が乱れやすい20代の男性は注意です。

30代に突入する前に頭皮ケアは始めていたほうがよいでしょう。

生活習慣を改善する

手っ取り早いのは生活を見直し、規則正しい生活習慣と食生活の見直しが最も効果があるでしょう。

育毛シャンプーでスカルプケア

頭皮環境を清潔に保ち、フケ症や抜け毛を予防します。

育毛剤

医薬部外品の育毛剤を使えば副作用の心配がないですし、さらに頭皮マッサージをすることで、頭皮への栄養補給と頭皮環境の最適化、頭皮をマッサージにより柔らかくして髪の毛の生えやすい状態にします。

薄毛が進行してしまっている方

まずはお医者さんでの診察、フィナステリド成分のプロペシアなどの内服薬を処方してもらい、それで抜け毛の抑制、さらにリアップなどのミノキシジルで発毛促進、いずれも副作用がある可能性があるが、効果も認められた方法

生え際が後退する前に早めの育毛が重要!

これらの原因はほとんどが男性ホルモンの影響による男性型脱毛症であることが一般的なのですが、なぜその部分が薄毛になりやすいのか?

頭部の生え際や頭頂部は、普通に髪の毛がある状態の人でも頭部の中では髪の毛が細かったり、本数が少なかったりします。

試しに頭部全体に明るめのカラーをすると、その違いがはっきりわかります。

生え際、特にMラインや頭頂部(つむじあたり)は髪の毛が他よりも弱いことから、明るくなりやすく、セルフカラー(ホームカラー)をしている人はその部分が大抵、他の部分よりも明るくなってしまいます。

美容室で美容師さんに明るめのカラーを施術してもらうときは、その部分への薬液の塗布は最後に塗布することが多いでしょう。

それだけ髪の毛が弱い部分なのです。

なのでMラインや頭頂部は薄毛になる際に進行しやすく、特にMラインは育毛をし始めても、中々効果が得られにくい部分でもあるのです。

さらに抜け毛が進行してしまうと毛根が消え去り再生不可能になる可能性があるので、生え際の育毛は抜け始めてというよりも、抜ける前の段階から早めの対策が重要になります。

結論から言うと生え際の育毛は

頭皮の余分な皮脂を除去。

頭皮マッサージをすることで頭皮を柔らかくし、血行を促進する。

育毛剤が浸透しやすく作用しやすい環境になったら育毛剤を使いながら上記の頭皮ケアを続ける。

生え際は発毛や育毛が難しい箇所なので、薄くなってきたと思ったらすぐにでも予防をしていく、対策をしていく事が大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です