良質の睡眠が抜け毛を予防する

人の身体は毎日、肌や爪、髪の毛が作られています。その中でも髪の毛が今回最も気になる部分ですがその髪の毛が形成されるのには成長ホルモンが大きく関わっています。

成長ホルモンは髪の毛の形成に必要な三大栄養素と言われる炭水化物、タンパク質、脂質の代謝を促進させ、アミノ酸の吸収率を上げ、タンパク質の合成を促す作用があります。

髪の毛の大部分がタンパク質類で形成されており成長ホルモンが分泌されればされるほど丈夫で健康な髪の毛になり、薄毛になりにくくなります。

この成長ホルモンは四六時中分泌されているわけではなく、その多くは睡眠中に分泌されます。

最も重要なことが睡眠中の中でも成長ホルモンは午後10~午前2時の間に多く分泌します。従ってその時間を狙って睡眠を取ることが理想的です。

また寝る前に軽く運動をすることで良質の睡眠が取れ、成長ホルモンの分泌を最大限に活かすことができると言われています。

少し良質の睡眠に触れましたが、成長ホルモンは大人ににると減ってしまうものです。

分泌量そのものが減ってしまいますので、睡眠の質という部分で気をつけなければなりません。

上記に書いているように成長ホルモンは午後10時から午前2時までの4時間がその分泌のピークを迎えます。

しかしそこで睡眠の深さが浅いことで成長ホルモンの分泌量も減少しますので、成長ホルモンの分泌量がピーク時には睡眠も深くなくてはなりません。

という事は睡眠のサイクルも考えるとトータルして6時間程度の睡眠が必要になります。

という訳で最終的には睡眠の質を上げるための工夫と睡眠時間のタイミングを考えなければなりません。

睡眠時間のタイミングは言わなくても分かるように午後10時に就寝していればもんだいありません。

睡眠の質を上げる方法

1 睡眠前の軽い運動 寝る1時間前までに軽く運動をすることで体の疲れや筋肉の成長を促進するために成長ホルモンが活発に分泌すると言われています。

2 夕食は寝る前の2時間前までに摂る。これは消化の関係があります。人間のカラダは食べ物を消化しているときはエネルギ-を使っているため体が興奮状態にあります。そのため食べたあとすぐに寝ようとしても良い睡眠がとりずらくなります。

3 寝る1時間前にはテレビやパソコン、スマホ等の画面から強い光を放つものは避ける。
画面から強い光を放つモノを寝る直前まで見ることで脳が興奮状態になり良い睡眠を取ることができません。

4 寝るときは外の音や光を完全にシャットアウトすることで、良質な深い眠りに就くことができます。

他にも方法はありますが参考までに。

最後に寝るときに女性の人は女性用育毛剤をつけておくと薄毛改善に大きな効果があります。

ちなみにここでおすすめする育毛剤はマイナチュレという女性用育毛剤です。

一番売れている女性用育毛剤マイナチュレ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です